肌が若返る食べ物

朝食に旬のフルーツ

マンゴー

旬のフルーツにはビタミンや食物繊維がいっぱい!
生で食べると酵素も摂れて効果絶大!
特に紫外線の強くなる季節、日差しで酸化した肌には、ビタミンA,Cが豊富な柑橘類やマンゴー、メロンがおすすめです。

 

 

 

 

太もずくで肌の不調なし

ふともずく

太もずくは低カロリーな上、ビタミン、ミネラル、食物繊維がたっぷり。
老廃物を排出してくれ美肌効果バツグン。
三杯酢や味噌汁、麺の代わりにもいいですね。

 

 

 

 

 

透き通る美肌にはパセリ、パクチーがいい。

パセリ

パセリやパクチーのビタミンA、Cは肌を整え、食物繊維は余分な脂質の吸収を抑えれくれます。
有害物質を排出するキレート効果もあります。

 

 

 

 

ニキビで悩んでる場合は、ニキビ対策が必要です
おでこは皮脂の分泌が多いところでニキビができやすいところです。
おでこニキビは、バランスの摂れた食事、十分な睡眠、朝晩2回の洗顔と保湿が必要です。

 

 

 

 

 

カサカサ肌を改善するレシピ

乾燥肌が進行すると、角質層のバリア機能が落ち、ちょっとした刺激で皮膚炎を起こしやすくなります。
肌が敏感になったと感じるようなら要注意。

 

美肌ビタミンB2,B6とともに、皮膚を刺激から守るビタミンAを補給しましょう。
カルシウムも合わせて摂ると、かゆみやムズムズの予防にもなります。

 

 

銀だらとほうれんそうのピリ辛煮

香味野菜とピリ辛味で、銀だらのコクと旨みが生きてきます。
カルシウムの代謝を調整するマグネシウムも豊富なほうれん草で、バランスよい一品です。

 

 

材料
銀だら  2切れ(160g)
ほうれん草  (小)1ワ
にんにく(みじん切り) 1かけ
生姜(みじん切り)  小さじ1
トウバンジャン 小さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ1/4
醤油  大さじ 1
酒、酢、砂糖  各大さじ1/2
長ネギ(みじん切り) 大さじ2
塩・こしょう、酒、かたくり粉

 

 

作り方
1..銀ダラは、塩、コショウを少々まぶし、
酒大さじ1/2をふって5〜6分置き、
水気を紙タオルでふきます。
ほうれん草は塩少々熱を加えた熱湯でサッとゆで、
3cmの長さに切ります。

 

2.フライパンにサラダ油大さじ1/2を熱し、中火で銀ダラの両面を焼き、
取り出しておく。
再びサラダ油大さじ1/2を入れ、にんにく、生姜、トウバンジャンをいためる。
香りが立ってきたら水250ml、 
鶏ガラスープの素、醤油 、酒、酢、砂糖、銀ダラを加えて
中火で7〜8分煮立たせ、銀ダラを取り出します。

 

3.2に片栗粉大さじ1/2を水大さじ1で溶いたものを回して入れてとろみをつけ、
ほうれんそう、長ネギを入れる。

 

4.器に3を盛り、銀だらを中央にのせます。

 

 

カロリー 284kcal
塩分 2.5g

 

 

うなぎと小松菜のオイスター炒め

うなぎはビタミンAのほか、ビタミンEやDHAも多く、肌老化をくいとめるには絶好の食品です。
カルシウムやビタミンCが豊富な青菜と組み合わせてボリュームアップ。

 

 

材料
うなぎ(蒲焼)  1くし
小松菜  1/2ワ
春雨  20g
生姜(千切り)  1かけ
オイスターソース 大さじ1
酒  大さじ1
うなぎのたれ 大さじ1/2
塩・サラダ油

 

 

作り方
1.うなぎは縦半分に切って、2cm幅に切る。
小松菜は塩を少々加えた熱湯でサッと茹で、
冷水にとり、水けを絞って3cmの長さに切る。

 

2.春雨は湯に戻し、ザク切りにする。

 

3.フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、中火で生姜を炒め、
香りがたってきたら、うなぎ、春雨、小松菜を加えて炒め、
オイスターソース、酒、うなぎのたれを入れてひと煮立ちさせる。

 

 

かぼちゃとベーコンのお手軽サラダ

牛乳や乳製品は、手軽にとれて吸収率も高いカルシウム源。
かぼちゃに牛乳とマヨネーズ、卵を混ぜれば、一日に必要なビタミンEの9割がとれます。

 

材料
かぼちゃ  200g
ベーコン  2枚(40g)
卵 1個
牛乳  50ml
マヨネーズ  大さじ1/2
塩・コショウ 少々
チーズ 30g
パセリ みじん切り  少々
バター

 

 

作り方
1.かぼちゃは種とワタを取り除き、皮をむいて、いちょう型に切る。
耐熱皿に入れてラップをかけ電子レンジ(500w)で5分。
ベーコンは5mm幅に切る。

 

2.ボウルに卵、牛乳、マヨネーズ、塩・コショウを入れよく混ぜる。

 

3.グラタン皿にバターをよく塗り、1と2を交互に入れ、チーズを散らします。

 

4.200度に温めたオーブンで15〜20分焼いて、仕上げにパセリをふります。

 

肌が若返るドリング

豆乳でお肌ツヤツヤ!

豆乳

豆乳には、女性ホルモンと似た働きの大豆イソフラボンがいっぱい。
一日コップ一杯で肌にツヤがでてきますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビワ茶でむくみ改善

ビワ

ビワ茶の利尿作用でむくみを改善、顔もスッキリしてきます。
加齢とともに落ちる排出機能をサポートしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅肉エキスのお湯割りでにきび防止

梅肉

梅肉の「ムメフマール」は冷え性改善効果があります。
血流がアップして肌のくすみを改善してくれます。
またクエン酸がニキビや肌荒れにも効きます。

 

ページの先頭へ戻る